New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 【開催報告】ファシリテーター養成講座第3期in名古屋
    大森 智子 (12/03)
  • 【知多】【開催レポート】グリーフサポート連続講座in知多第3講「お寺×グリーフサポート」
    庄司惠久美 (07/23)
  • 【お知らせ】10月のつどいば京都・東京
    たむらともみ (10/14)
  • 【お知らせ】9/24(土)お寺からつながるグリーフケア in北海道
    アカネ (09/20)
Profile
Admin
Seach this site


2018.06.13 Wednesday
『111年目の母の日』編集中 〜その1〜

この2年間お休みをしておりました

母の日のプロジェクトが、3年ぶりに

活動を再開することになりました。

 

このプロジェクトはリヴオンという

団体が生まれた原点でもあり、

母親を19歳の時に亡くした

尾角自身にとっても、とても大事に

思ってきたプロジェクトです。

 

今年は母の日が生まれて110周年。

プロジェクトも10周年となる年に

再開が出来たことがとても嬉しく、

支えてくださる仲間達に大変感謝しております。

 

3月に編集チームを発足し、

これまで準備を進めてまいりました。

 

 

この日は、『111年目の母の日』編集メンバーの

木原さんと、あかりちゃん。デザイナーのあっきー

表紙を担当するイラストレーターの道郎さん

そして強力なバックアップをしてくれる事務局のかおりさんと

オンラインで繋いで、顔合わせのミーティングを行ないました。

 

 

このメンバー&てるみんこと代表の尾角も加わり、

本を編む作業を進めてまいります。

ちなみに、編集メンバーはリヴオンオフィスのohanaに集いました。

と言いますのも・・

 

 

この後、お手紙を本に掲載する順番を決める作業を

行なっていったからです。

 

メール・お手紙・原稿用紙などなど、

様々な形で届いたメッセージたち。

こちらをかおりさんがテキスト入力したものを

ひとつずつプリントアウトして、

各自読みこみ、どの順番で紹介していくかを考えていきました。

 

配置をしてみて、読んでみて、朗読もしてみて、聴いてみて・・

かなり集中した作業のため、カメラの存在を忘れるほどでした^^

 

 

こんなに可愛らしい絵はがきも届きました。

こちらはどちらに載せましょうか、悩ましいです。

 

何度も何度も検討を重ねて、

現時点での順番がやっと決まりました。

次のミーティングでは今回の本のテーマを決めて、

イメージから表紙のイラストやデザインを考えていきます。

 

イラスト担当の道郎さんは、

リヴオンの年次報告書である『リヴオンしんぶん』

太陽の巻(2016.10-2017.09号)の表紙で、

この年がどういう1年であったのかを

見事に表現してくださいました!

またお仕事が出来ることがとても楽しみです。

 

次回のミーティングの様子もご報告しますので、

どうぞお楽しみに。

 

 

現在編集中の『111年目の母の日』刊行のため、

そして必要な方に届けるために、

25万円を目標にご寄付を募っております。

 

皆さまから賜りましたご浄財は、

本の制作費・印刷代・ご寄稿くださった方への郵送料など、

必要な経費に使わせていただきます。

https://www.live-on.me/support/index.html

ご寄付いただいた方にも、本をお贈りいたします。

 

このプロジェクトを通して、

お母さんへ想いを言葉という形で贈ることや、

お母さんと会話するような時間を持つことが、

すこしでもしやすくなればと願っています。

 

見守り、応援していただければ幸いです。

| okaku-terumi | 母の日・父の日プロジェクト | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2018.05.01 Tuesday
【お便りを募集中】母の日プロジェクトが再開いたします。

今年も、亡きお母様へのメッセージを募っております。

 


109 年目、110 年目と2年間、団体の運営状況として継続するのが難しく

中断をしておりました「母の日のプロジェクト」をこの度再開する運びとなりました。

 

 

今年は母の日が誕生してから ちょうど110 周年。

またリヴオンとしても、プロジェクトの 10 周年となります。

 

この2年間にもお手紙を届けてくださったみなさまには

お待たせしましたことを心からお詫び申し上げます。

 

またこれまでこのプロジェクトに想いや言葉をお寄せくださり、

応援してくださった皆さまに心からの感謝の気持ちと共に、

「111年目の母の日」を大切に発刊できればと願っております。

 

母の日プロジェクト 編集メンバー一同



近況を知らせたい気持ち、懐かしい気持ち、

寂しい気持ち、嬉しい気持ちや悲しい気持ち、

そして時に恨みたい気持ちでさえも、

まずはそのままに言葉にしてみませんか?

そしてもしよろしければ、リヴオンにもお寄せいただければ幸いです。


 

**★母の日プロジェクト 募集要項★**

 

今年も亡き母へのメッセージを募っております。


手紙・詩(800 字まで)・手記(1600 字まで)・絵(はがき大) 4 つの形式いずれか

お母さまへの想いを表現したいと思われた際には、どうぞご寄稿ください。

 

〆切は 2018年5月8日(火)(必着) です。

 

〆切まで日のないお知らせになってしまい、恐縮ですが、みなさまのご寄稿お待ちし
 ております。

 

送り先:リヴオン事務局 

宛先:「母の日プロジェクト」

住所:〒116-0002 東京都荒川区荒川 4-25-8-603  (一社)リヴオン 行

Mail: info★live-on.me  ★を@に変えてお送りください。

Fax: 03-6806-7180

| okaku-terumi | 母の日・父の日プロジェクト | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2017.05.09 Tuesday
【母の日プロジェクト】今年も亡き母へのメッセージを募集しています


母の日の原点を知ってますか?

亡くなったお母さんへの想い

から生まれました。

母の日の起源は、アメリカでアンナ・ジャービスさんが「亡き母を追悼したい」
という想いから、1908年5月10日、教会で白いカーネーションを配ったことに
あります。

その原点を大事にして、親を亡くした子にも母の日を届けようと
わたしたちは亡くなったお母さんへのメッセージを募り
本にする活動をしています。

どうか亡くなったお母さんに、あなたの想いが
届きますように。

想いをお寄せください。


<募集要項>

【応募資格】
お母さんを病気、事故、自殺、災害などで亡くした人。
年齢、性別、国籍は問いません。

【原稿の形式】
手紙、手記、詩、絵など自由。
ただし、手紙、詩は800字 手記は1600字まで。
 
絵は官製はがき(もしくはハガキ大の紙)に書いてご投稿ください。
 
それぞれ「タイトル」をつけて氏名、年齢、性別、連絡先(住所と電話番号)を
明記の上郵送またはEメールでお願いします。 


【あて先】
郵送 →〒116−0002 東京都荒川区荒川4−25−8−603  
              一般社団法人 Live on 宛 
メール→ info@live-on.me

【締め切り】  
郵送   5月31日 (当日消印有効)
メール  5月31日  23:59  


【問い合わせ】info@live-on.me(事務局)

 

| okaku-terumi | 母の日・父の日プロジェクト | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2014.04.26 Saturday
【母の日】限定フラワーギフトのご案内!
今年ははじめて、リヴオンで母の日の原点を広めるべく
限定のフラワーギフトをつくりました。 限定30点




プリザーブドなので、いつまでも美しく飾っておけます。

母の日はもともと亡くなったお母さんへの想いから生まれました。
アンナ・ジャービスさんが母親の好きだった白いカーネーションを
教会で配りスピーチをしたのがはじまりです。


生きているお母さんに贈りたい

なくなったお母さんを想って飾りたい

お母さんのようにお世話になっている方に贈りたい

どんな想いにも応えられるギフトになりますように。

5月6日(火)までにお申し込みいただければ
5月10日(土)または11(日)の母の日当日
までにご希望の宛先にお送りいたします。

今回ギフトの売上の一部は被災地をはじめとした全国の
親を亡くした子たちの遺児支援事業のために、大切に
使わせていただきます。
リヴオンでは、グリーフケアを学べる「いのちの学校」
遺児の「つどいば」を開催しています。



お品 カーネーション(プリザーブドフラワー)
   お箱がグレイか、ピンクか選べます。
   
   写真のものに対して、透明な箱に入れた状態で
   お送りいたします。


   五反田にあるほんまに素敵なお花屋さん「明るい部屋」さんにご協力いただき、このギフトが誕生しました★ 

価格 4,500円(税抜)+送料別途(〜800円程度)


お求め方法    info@live-on.me まで
         1)お申し込み者 氏名 2)電話番号 3)送り先の住所、氏名、連絡先
         の3点を明記の上、お申し込みください。


 
| okaku-terumi | 母の日・父の日プロジェクト | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2014.03.14 Friday
【母の日プロジェクト】今年も亡き母へのメッセージを募集しています


母の日の原点を知ってますか?

亡くなったお母さんへの想い

から生まれました。

その原点を大事にして、親を亡くした子にも母の日を届けようと
わたしたちは亡くなったお母さんへのメッセージを募り
本にする活動をしています。

どうか亡くなったお母さんに、あなたの想いが
届きますように。

想いをお寄せください。


           <募集要項>

【応募資格】母親を病気、事故、自殺、災害などで亡くした人。
      年齢、性別、国籍は問いません。

【原稿の形式】手紙、手記、詩、絵など自由。手紙、詩は800字 手記は1600字まで。
       絵は官製はがき(もしくはハガキ大の紙)に書いてご投稿ください。
       「タイトル」をつけて氏名、年齢、性別、連絡先(住所と電話番号)を
       明記の上郵送またはEメールでお願いします。

【あて先】郵送→〒116−0002
         東京都荒川区荒川4−25−8−603
         一般社団法人 Live on 宛
     Eメール→info@live-on.me

【締め切り】  
母の日プロジェクト  郵送   4月10日 (当日消印有効)
           メール  4月10日 
 

【問い合わせ】info@live-on.me(事務局)
| okaku-terumi | 母の日・父の日プロジェクト | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2012.05.04 Friday
【募集】父の日プロジェクト〜亡き父へのメッセージ〜



もし届くなら…
亡くなったお父さんに何を伝えたいですか?



父の日の原点を知ってますか。

亡くなったお父さんへの想い

から生まれました。

その原点を大事にして、親を亡くした子にも父の日を届けようと
わたしたちは亡くなったお父さんへのメッセージを募り
本にする活動をしています。

どうか亡くなったお父さんに、あなたの想いが
届きますように。

想いをお寄せください。


           <募集要項>

【応募資格】父親を病気、事故、自殺、災害などで亡くした人。
      年齢、性別、国籍は問いません。

【原稿の形式】手紙、手記、詩、絵など自由。手紙、詩は800字 手記は1600字まで。
       絵は官製はがき(もしくはハガキ大の紙)に書いてご投稿ください。
       「タイトル」をつけて氏名、年齢、性別、連絡先(住所と電話番号)を
       明記の上郵送またはEメールでお願いします。

【あて先】郵送→〒116−0002
         東京都荒川区荒川4−25−8−603
         一般社団法人 Live on 宛
     Eメール→info@live-on.me

【締め切り】  
父の日プロジェクト  郵送   5月11日 (当日消印有効)
           メール  5月11日 
 

【問い合わせ】090-6116-5680 (事務局)
| okaku-terumi | 母の日・父の日プロジェクト | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2012.05.01 Tuesday
【母の日プロジェクト】歴々の「はじめに」
ひとりしきり本文の編集を終えて最後に
「はじめに」を書き始めるところです。

今年で5年目のプロジェクト。



今まで4年間の「はじめに」を振り返りたいと
思います。


コピペ ではなく、改めて読みながら
入力してみました。

何を一番はじめに伝えたいのだろう。
何を届けたいのだろう。

改めて立ち止まって考えています。


…*☆*…………………………………*☆*…………………………………*☆*…

『101年目の母の日〜今、伝えたい想い〜』

「母の日は誰のもの?」
きっとお母さんのためのもの。
でも、その「お母さん」は「生きている」のが前提になってはいませんか?

母の日の起源が、アメリカでアンナ・ジャービスさんが「亡き母を追悼したい」
という想いから、1908年5月10日、教会で白いカーネーションを配ったことに
あります。

この文集では、その母の日の起源に立ち返ります。
お母さんがいないからといって、この日、複雑な想いをひとりで抱え込む必要はない。
一緒にお母さんに想いを馳せる機会にしよう。
そういう想いを、母親を亡くしたわたしたち、プロジェクトのメンバーはいだいています。

もうこの世界には生きていない、亡くなったお母さんにギフトを贈ることは
できなくても、言葉に想いを乗せて届けることはできます。
私たちはこの文集をつくり、そんな想いや声を届ける郵便やさんになりました。

今、あらためてお母さんに伝えたい想いがこの文集にはつまっています。
感謝の気持ちはもちろん、「かなしい」、「くあしい」、「さみしい」
「今でも会いたい」、「あの時伝えられなかった、ごめんなさい」など
それぞれの心の中にある、お赤さんへの素直な「ほんとう」の気持ち。
どうか届きますように。

「101年目の母の日」プロジェクト実行委員会

…*☆*…………………………………*☆*…………………………………*☆*…

『102年目の母の日〜亡き母へのメッセージ〜』


「母の日」はもともと母を亡くした子がはじめたもの。
私は「母の日」の起源を2007年5月に知りました。息を呑みました。
それまで生きている母へのものだと思っていた「母の日」。ところが
原点は亡き母への想いであり、そこに共感した人が共に「母の日」を広めた
ものだったのです。
 
 数年前に母を亡くしている私は、起源を知るまでは「母の日」は「関係のないもの」
として意識したこともありませんでした。母が亡くなる前年、「母の日」に初めて
バッグを贈ったのですが、それは最初で最後の「母の日」にるとおもっていました。
しかし、そうではありませんでした。私の元に「母の日」がもどってきたのです。
 
 母が生きている、生きていないに関係なく、「母の日」をすべての人に届けよう。
そのために母の日の起源を多くの人に伝えようと思いました。亡くした人は、死が
関係を断ち切るものでなく、むしろ亡き母と自分をつなぐ「母の日」を感じられる
のではないかと。亡くしていない人には、死があっての生で、今、目の前に母が
「存在」することをより実感できる機会になるのではと考えました。

 2008年「母の日」が100周年を迎えると知り、母を亡くしていた6人の友人に
呼びかけました。
「一人の力は小さいけれど結集すれば、より大きなことができる」
そう思ったのです。7人でただ事実を知ってもらう活動をするのではなく、母を
亡くした人に、文集という「場」をつくることにしました。

 悲しみ、怒り、寂しさ、後悔、自責感……どんな感情でも、感じたままのことを
出しても大丈夫な「場」。直接顔は見えずとも文集という「場」を介し、出会い
つながり、深い部分を共有する。そのために母を亡くした人に文集への寄稿を
新聞を通じて呼びかけました。

 そうして生まれたのが『101年目の母の日〜今、伝えたい想い〜』です。
和紙をつかい、手刷でつくった文集です。初版500部、計1000部を発行しました。
北は岩手から、南は沖縄までの21歳から80歳の「子ども」たちが40篇の
物語を紡ぎました。
その反響は、私たちの予想を遥かに上回るものでした。
「この先も続けて欲しい」
「この活動をずっと応援していきたいです」
そんな声を受けて立ち上げた企画が本書です。
「より多くのひとに届きますように」との願いをこめて。

…*☆*…………………………………*☆*…………………………………*☆*…

『もし届くならー103年目の母の日』

「おかえり母の日」

「ん?これってなんだろう」と首をかしげたくなるフレーズかもしれません。

今から2年前、母親を亡くした友人たちと『101年目の母の日〜今、伝えたい想い〜』
の文集をつくったときのことでした。

「母親を亡くしてから母のはなくなった。私には関係のない日だと思ってきた。
母の日がわたしのもとに帰ってきたみたいだ」

という言葉をメンバーのひとりから聞きました。

「母の日は母親を亡くした子がはじめたもの」という「原点」を
伝えることで母を亡くした人のもとに母の日をかえせると思いました。
「おかえり母の日」にはそんな想いがこめられています。

一般的に「母の日」は生きているお母さんに花を贈ったり
ありがとうを伝えたりする日の印象が強いかと思います。
そこでわたしたちLive onは母の日の原点を社会に発信し
広めようと考えました。

みな母から生まれ、いつかは母の死を経験する。

母の日の原点を知ることで母が生きている人にとっても
改めて「母の日」「母とわたし」「いのち」について
感じたり、考えたりできるのではないかと思いました。

本プロジェクトを始めた2008年以来、母親が生きている
いないにかかわらず多くの反響をいただきました。

「今生きている母をもっと大事にしようと思った」
「改めて、母を考えるいい機会になった」
「あたたかい気持ちになりました」
「(亡くなってから)母の日が大嫌いだったのに
わたしも素直に気持ちを表現していいのだと
気付かされました」

こうしておかげさまで101年目、102年目と続けてくることができました。

今年の寄稿者の方々からは

「言いたいことはいっぱいあるのに相手はもうどこにもいない
という事実を受けいれてこれからも生きていくために書きました」

「母を亡くした時から今まで生きてきた思いを伝えたいと思いました」

といった声と共に、母への素直な気持ちを文集に寄せていただきました。

かえってきた母の日に寄せられた、ひとつひとつの想い
どうか届きますように。

…*☆*…………………………………*☆*…………………………………*☆*…


『こえて伝えたいー104年目の母の日ー』

母の日の原点からのメッセージ。

それは、生も死もこえて母と子がつながる可能性を伝えているのかもしれません。

「亡くして、はじめて手紙を書きます」

多くの寄稿者の方がそう言葉にされます。
生きているひとには、メールをおくったり、便箋に書いてポストにだしたらい
時には手渡ししたりして、想いを伝えられます。
亡くしても、伝えられなかった想いや、今生まれてくる気持ちを
ありのままに言葉にしたためておくることができたら…。
そんな想いから、母親を亡くした子からはじまった母の日の原点を
大事にした本プロジェクト。おかげさまで今年で4年目を迎えました。

手紙をくださった方の中には

「母と他界して16年にもなるのに、正直、心が癒えていません」

「お母さんの歳をこえてお母さんの分も生き続けているよ」

といった声がありました。
母親の存在が時をこえてあり続けていることを感じさせられます。

「男なんだからしっかりしないと」と男性がなくした想いを
表現することがはばかられたり「もう10年も経ったから立ち直ったね」と
言われることがあったりします。しかし、このプロジェクトの場(本)では
性別も、立場も、歳月も、生も死も「こえて」ゆけるようにという願いを
こめています。

『こえて伝えたい』

ひとつひとつのメッセージがどうか届きますように。
2011年3月11日に起きた東日本大震災はもちろん
毎日のように生まれている多くの死、喪失(グリーフ)
からいつかきっと希望が紡ぎだされますよう祈りを。

| okaku-terumi | 母の日・父の日プロジェクト | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |