New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 【開催報告】ファシリテーター養成講座第3期in名古屋
    大森 智子 (12/03)
  • 【知多】【開催レポート】グリーフサポート連続講座in知多第3講「お寺×グリーフサポート」
    庄司惠久美 (07/23)
  • 【お知らせ】10月のつどいば京都・東京
    たむらともみ (10/14)
  • 【お知らせ】9/24(土)お寺からつながるグリーフケア in北海道
    アカネ (09/20)
Profile
Admin
Seach this site


2017.04.25 Tuesday
【開催報告】東京第9講「思い出の場所」詩
東京都荒川区にありますリヴオン事務所「ohana」にて、
グリーフケアの学びあいの場「いのちの学校@東京第3期」第9講が開催されました。
リヴオン事務局で働いております但馬です。
講座の内容とご参加者の感想の一部を私から紹介させていただきます。
第9講のテーマは「『思い出の場所』詩」でした。
私以外に7名の方にご参加いただきました。
ファシリテーターは「よこさん」こと、水口陽子さんです。

●オープニングQ

はじめに、日常の空間からこの場に入っていくための問いに答えながらチェックインをしていきます。

今回のオープニングは問いではなく、今の気持ちに合う貝殻を一つ選び、その理由を話しました。

小さな貝、巻貝、キラキラした貝・・・。

選んだ貝は、今日のワークの間のお守りにしました。

 

●今日のグリーフワーク

7講から始まる3講は「グリーフを表現する」時間。その最終講となります。

グリーフを少しずつ抱えやすくしていくこと。

完全には癒えることのないグリーフと向き合っていく力をつけていくこと。

亡くなった人とのつながりを回復するために取り組むこと。

亡くした人のことを大事にする時間であることはもちろん、

グリーフを抱える自分自身を大切にする時間にもなります。

 

第7講では、手紙を書いて、言葉でグリーフを表現しました。

第8講では、アートを使ってグリーフを表現しました。

第9講では、人と一緒に「詩」でグリーフを表現していきます。

 

●ウォーミングアップ

詩を書くと言っても、普段詩を書いたりしていない私たちにとっては、ハードルの高い作業になります。

という訳で、まずはゆったりとみんなで詩の朗読を行いました。

谷川俊太郎さんの「みみをすます」や金子みすずさんの「はだし」などを朗読しました。

 

「長い詩もあれば、短い詩もあって、ただ言葉を並べれば、それはもう詩になっている」という

よこさんの言葉で、ハードルはずいぶんと低くなり、目の前に下りてきました。

 

 

●「思い出の場所」詩

この手法はリヴオン理事でもある上田假奈代さんの行っているプログラムになります。

まずは、思い出の場所の絵を描きます。

ペアを作り、相手の思い出の場所をお互いインタビューして、相手の気持ちやその場所に思いを馳せながら詩を作っていきます。

出来上がった詩は相手の描いた思い出の場所の絵の横に書きます。

 

自分で自分の詩を作るのは、ちょっと重い・・・

自分の気持ちはうまく詩で表現できない・・・

でも、誰かのために、誰かの思い出を言葉に紡ぐことはできる

 

出来上がった詩はみんなで輪になって朗読しました。

それぞれのグリーフの中には悲しみや苦しみもきっと含まれているはずだけど、

できあがった詩はどれも温かみを感じるものになっていたように思います。

 

いくつかご紹介します。(※掲載許可をとっています)

 

〜参加された方の感想〜

・やさしい気持ちになれました。

・詩って、詩を書くって、私にできるか・・?と思ったけれど、書いているうちにとても癒されたように思います。

・自分の描いた絵に命を吹き込んでもらったようなそんな感じです。あたたかい時間でした。

・詩を作る楽しさに気づきました。自分で言葉にできないことを他の人に表してもらえてよかったです。

・しんどい気持ちや複雑な気持ちを、すごくあたたかいもので包んでもらいました。それは私だけでなく、みなさんの思いも、きっといろいろなものがあったと想像するのですが、聞かせてもらった詩はみんなあたたかくて、キラキラしていたのが、すごくほあっとした。

・亡き人を想って詩を作るのはとても難しいワークだと思っていましたが、自分がざっと描いた絵にすてきな詩をつけて頂いて、とても良い「合作」だったと思います。自分では言葉で表しにくい言葉も遣ってもらったので、本当に亡き母に届いたような気がします。

・自分の思い、気持ちを人に訳してもらうと、優しく受けとめられる感じがしました。

 

●クロージングQ

このいのちの学校の場から、日常へと帰っていくためのチェックアウトの時間。

今回のクロージングは、やっぱり詩。

感想を3行の詩で表現しました。

 

詩を書くことに慣れたのか、みんな素敵な3行詩で今日のワークが閉じられました。

 

 

 

次回のいのちの学校東京は5月13日に開催されます。

テーマは「お坊さんと『死』について学ぶ」です。

 

特別講師として吉水岳彦さんがお話をしてくださいます。

★吉水岳彦さん★

浄土宗光照院副住職、大正大学非常勤講師。

ホームレス状態にある人や身寄りのない人の「葬送支援」などに取り組む

「ひとさじの会」の事務局長をつとめていらっしゃいます。

 

☆★ いのちの学校in東京 ★☆

日時: 土曜日 17:00〜19:30

2017年

 5/13 お坊さんと「死」について学ぶ

 6/17 日常で出来るグリーフワーク

 7/15 未来ビジョン  

 

会場: リヴオンオフィス Ohana

東京メトロ千代田線・京成線町屋駅より徒歩7分

詳しい行き方はコチラをご覧ください。

 

対象:グリーフについて学びたい方ならどなたでも

 

参加費: 各回2000円 

※経済的にしんどい方はご相談ください。

 

参加方法: 事前申込は必要ありません。当日会場に直接いらしてください。

また、途中からの参加や一回のみの参加も歓迎いたします。

学んだことがある人も、ない人も 誰かを亡くしたことがある人も、まだない人も どんな方でもいらしていただけます。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

☆★名古屋も毎月<開催中>です。★☆

 

(事務局:但馬香里)

| okaku-terumi | いのちの学校 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://okakuterumi.jugem.jp/trackback/130