New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 【開催報告】ファシリテーター養成講座第3期in名古屋
    大森 智子 (12/03)
  • 【知多】【開催レポート】グリーフサポート連続講座in知多第3講「お寺×グリーフサポート」
    庄司惠久美 (07/23)
  • 【お知らせ】10月のつどいば京都・東京
    たむらともみ (10/14)
  • 【お知らせ】9/24(土)お寺からつながるグリーフケア in北海道
    アカネ (09/20)
Profile
Admin
Seach this site


2017.05.16 Tuesday
【開催報告】東京第10講 お坊さんと「死」について学ぶ
東京都荒川区にありますリヴオン事務所「ohana」にて、
グリーフケアの学びあいの場「いのちの学校@東京第3期」第10講が開催されました。
リヴオン事務局で働いております但馬です。
今回も、講座の内容とご参加者の感想の一部を私から紹介させていただきます。
第10講のテーマは「お坊さんと『死』について学ぶ」でした。
私以外に9名の方にご参加いただきました。
ファシリテーターは「よこさん」こと、水口陽子さんです。

●オープニングQ

はじめに、日常の空間からこの場に入っていくための問いに答えながらチェックインをしていきます。

今回のオープニングは「今の気持ちを漢字一文字に表すとしたら?」でした。

「初」「癒」「穏」「嬉」・・などなど。

漢字に込めた今の気持ちを輪になって共有しました。

 

●グリーフについて

改めて、グリーフとは何か復習をしていきました。

グリーフとは大切な人やものを失うことによって生まれる、その人なりの自然な反応や感情、プロセスのことです。

 

心理的影響・・・悲しみ、怒り、安堵、後悔、自責、罪悪感、無気力、絶望感など

身体的影響・・・過食、うつ、頭痛、吐き気、眠れないなど

社会的影響・・・人間関係の悪化、疎外感、孤立、学校や会社に行けない、過活動など

スピリチュアル的影響・・・生きている意味の喪失や模索、神や仏など信仰への疑問や不信など

 

今回の「お坊さんと死を学ぶ」は、このスピリチュアル的影響=人間の根っこに対する影響に深く関わる回となります。

ちなみに、10講から始まる3講は「これからを生きる」をテーマとしています。

 

●お坊さんに聞いてみたいこと

お坊さんに話を聞いてみたいことを、それぞれ書き出して、ボードに貼っていきました。

 

 

まずはそれぞれがいくつかの質問について考え、まわりの方たちと共有しました。

・あなたの生活で宗教的な慣習はどんなものがありますか。

・そもそも宗教(仏教)は何のためにあるのだろう。

・なぜ人は弔うのだろうか。

・亡くなった後はどこへいくの?

 

 

今回お話して下さったのは、いのちの学校in東京では毎回ご一緒しております吉水岳彦(よしみずがくげん)さんです。

浄土宗光照院の副住職、大正大学非常勤講師でもあり、ホームレス状態にある人や身寄りのない人の「葬送支援」などに取り組む「ひとさじの会」の事務局長もつとめていらっしゃいます。

 

 

ご自身の経験から学んだたくさんの視点から、またたくさんの知識の積み重ねの中から一つ一つの質問に対して、丁寧にお話してくださいました。

 

どのお話も心に響くものでした。

生きるとは?死とは?

仏教的な視点から人間の根幹にかかわるテーマについて、語ってくださる言葉の全てが、私にとっては心に沁みるものでした。

 

法事は同じ愛する人のために集まる場というお話、

葬儀の簡略化が進む現代の中で弔う形や選択肢が増えているというお話、

宗教の存在する意味、そもそも仏教では「死」をどう捉えているのか、

4つのL(Love、Life、Light、Liberty)の話等・・・、

どれも興味深く、生きていく上でのヒントになるお話だったと思います。

 

その中でも私が一番心に残っている言葉です。

「生きるというのは揺れるということ。揺れていていいのです。」

 

吉水さん、貴重なお話の数々、ありがとうございました。

 

 

〜参加された方の感想〜

・答えが一つでなくても良い、いろいろ悩めることも前向きならば良いんだと思った。

・仏教のお話だけど、いろいろな所で活動なさっているガクゲンさんだからこそ狭さを感じないお話でした。

・死んでもその先があるということがスーッと心に入ってきた。

・仏様の力ってすごいと思った。いつも自分の心の中にいると思うと平穏でいられるという気持ちと、ゆらいでいるのは生きているという事でどんな自分でもいいんだと思えた。

・色々考えさせてもらうヒントをもらえました。

・心のモヤモヤが晴れた。安心できた。

 

 

●クロージングQ

このいのちの学校の場から、日常へと帰っていくためのチェックアウトの時間。

今回のクロージングは、オープニングと同じく漢字。

「今、改めて気持ちを漢字一文字に表すと?」

「月」「空(そら)」「安」「揺」「業」など・・

選んだ漢字を披露しながら、学んだこと、感じたことを共有しました。

 

次回のいのちの学校東京は6月17日に開催されます。

テーマは「日常で出来るグリーフワーク」です。

 

☆★ いのちの学校in東京 ★☆

日時: 土曜日 17:00〜19:30

2017年

 6/17 日常で出来るグリーフワーク

 7/15 未来ビジョン  

 

会場: リヴオンオフィス Ohana

東京メトロ千代田線・京成線町屋駅より徒歩7分

詳しい行き方はコチラをご覧ください。

 

対象:グリーフについて学びたい方ならどなたでも

 

参加費: 各回2000円 

※経済的にしんどい方はご相談ください。

 

参加方法: 事前申込は必要ありません。当日会場に直接いらしてください。

また、途中からの参加や一回のみの参加も歓迎いたします。

学んだことがある人も、ない人も 誰かを亡くしたことがある人も、まだない人も どんな方でもいらしていただけます。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

☆★名古屋も毎月<開催中>です。★☆

 

(事務局:但馬香里)

| okaku-terumi | いのちの学校 | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://okakuterumi.jugem.jp/trackback/134