New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 【開催報告】ファシリテーター養成講座第3期in名古屋
    大森 智子 (12/03)
  • 【知多】【開催レポート】グリーフサポート連続講座in知多第3講「お寺×グリーフサポート」
    庄司惠久美 (07/23)
  • 【お知らせ】10月のつどいば京都・東京
    たむらともみ (10/14)
  • 【お知らせ】9/24(土)お寺からつながるグリーフケア in北海道
    アカネ (09/20)
Profile
Admin
Seach this site


2017.06.17 Saturday
若くして死別を経験をした人のための場「つどいば」への想い

*6/23(金)東京「つどいばカフェ」のお知らせ*

 

つどいばカフェとは・・

大切な人を亡くした若者のつどいばに行ってみたいけれど、まずはどんなところか知りたい、いろいろな理由で一日のプログラムに参加することが難しいけれど、少しでもつどいばを体験してみたい方を対象に、ゆったりと佇む中でつどいばのことを知る、つどいばの空気感を体感してもらう場です。

日時:6月23日(金)19時〜21時頃 (※受付は18時45分より)
場所:リヴオンオフィス*ohana*
  最寄り 京成線またはメトロ千代田線「町屋」駅徒歩7分
  荒川区荒川4-25-8 サウルスマンション3町屋壱番館603号
   詳しい行き方は<こちら>

 

参加費:

無料 交通費がしんどい方はご相談ください。

 

お申込:

件名に「つどいば 東京6/23 参加希望」
本文に「お名前・ご年齢・ご住所・お電話番号」をご記入の上、
    info☆live-on.me まで(☆を@に変えて)ご連絡ください。


プログラム:
‖臉擇平佑鯔瓦した若者のつどいばって、どんなところ
つどいば・グリーフについて知る時間
△海海蹐曚阿譴觧間
グリーフワークを体験してみよう
ぜ,琉貶發鮹気訶事者ミーティング
ジ斥佞鯊りあうクロージング

 

※グリーフとは…大切な人やものを失うときに生まれてくる感情、状態、プロセスのこと。

 

対象:
つどいばがどんな場なのか知りたい・体験したい15〜30歳くらいまでの方
※運営のみに興味のある方はご遠慮させていただいております

 

*********

 

こんにちは。

大切な人を亡くした若者のつどいばを開いております、

京都ファシテーターの水口陽子です。

 

 

リヴオンで主催している「大切な人を亡くした若者のつどいば」は・・

 

病気・自殺・事故などで、親や兄弟、友人など大切な人を亡くした10代から30歳くらいまでの若者がつどい、大切な人を亡くしたことで生まれるさまざまな感情・思いを言葉や、言葉以外の方法で形にしたり、それぞれが抱えている現実的な課題について一緒に考え、次への一歩を探る、そんな時間を共にする場です。

 

今月の「つどいば」は、

<つどいば京都> 6月18日(日)10〜16時

<つどいばカフェ東京> 6月23日(金)19時〜21時

 

に開催されます。

 

この「つどいば」のファシリテーターを担当するようになってもう少しで1年となりますが、改めて、自分の希望と共にこの場にいさせていただいていることを感じています。

 

私がつどいばのファシリテーターをやりたいと思ったのは、個人的な体験が関わっています。

それは、「つどいばが定期的に開かれていて、必要な人がたどり着けるように」という想いです。

 

私は30代で夫を亡くした経験があります。子どもは2人いて、当時小学校4年生と保育園の年長でした。

 

最近SNSで出てきた4年前の写真です。

彼らにとっては、父親を亡くして半年を過ぎた頃でした。

 

亡くした直後はそれぞれに心や体への影響がありながらも、家族や友人のサポートがあったことで、大変ながらも日々を送ることができました。今でも当時支えてくださった皆さまには、感謝の気持ちが尽きません。

 

 

あれから4年半ほどが経ち、みんな元気に会社や学校へ行っている毎日・・だと良いのですが、現実には4年経っても「まだ」と感じるほど、心身の調子が揺らぐことがあり、当たり前に出来ていたことが出来ないという状態になることもあります。息子は今年受験生と言うこともあり、どうしようも出来ないほどの疲れや集中力・記憶力の低下に苦しむ様子もしばしば見られます。

 

その状態がグリーフによる身体的な影響のひとつであるということを知っている人は、日本ではまだまだ少ないため、「やる気がない」「気合いが足りない」と見られがちなことも、本人にとって厳しい現状なのだと感じています。

 

 

もちろん、すべてが父親を亡くしたことによる影響とは言い切れませんが、「何年経っていようが、命日や故人との記念の日が近づいたりすると涙が出たり身体が重くなる、ということがあるのも自然なこと」と、知っている人が増えていったら・・そして、必要な時につどいばのような場所へつながることができれば・・少なくとも出来ないことを責めて、より苦しい状態や状況になることを減らしていけるのでは・・

 

そんな想いと願いを込めて、この場を担当しています。

 

「つどいば」は亡くした相手へ想いを向けたい方、または、亡くす経験をした自分を大切にする時間を持ちたい方が主な対象となります。もし「自分が経験したことを、家族や友達以外の人に話したい。似た経験をした人の話を聴きたい」と思った方は、まずは一度足を運んでいただければ幸いです。

 

そして対象ではない方も、よろしければ情報を届けていっていただきたいです。

必要な方に届きますよう、応援をよろしくお願いいたします。

 

 


 

*京都のお知らせ*
日時:毎月第三日曜日 10時〜16時頃 (※受付は9時45分より)

   【開催しました】6月18日(日)

   【次回開催】  7月16日(日)

※ 8月の京都つどいばはお休みします。

 

場所:(6月)しんらん交流館
   京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199

   地下鉄烏丸線「五条駅」から徒歩5分

 

   (7月)明覚寺本堂

   京都市下京区新町通正面下る平野町783

 

プログラム:
 *こころほぐれる時間
  アイスブレーク&自己紹介 つどいば説明
 *グリーフにふれる時間
 *グリーフをふりかえり、互いに聴きあう時間
 *一緒に次のいっぽを探す時間
  今抱えている課題やもやもやを、みんなで一緒に考えます
 *ことばを贈り合うクロージング

 

参加費:

無料 交通費がしんどい方はご相談ください。

 

お申込:

件名に「つどいば 京都7/16 参加希望」
本文に「お名前・ご年齢・ご住所・お電話番号」をご記入の上、
    info☆live-on.me まで(☆を@に変えて)ご連絡ください。

 

(記録:水口陽子)

| okaku-terumi | つどいば | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://okakuterumi.jugem.jp/trackback/140