New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 【開催報告】ファシリテーター養成講座第3期in名古屋
    大森 智子 (12/03)
  • 【知多】【開催レポート】グリーフサポート連続講座in知多第3講「お寺×グリーフサポート」
    庄司惠久美 (07/23)
  • 【お知らせ】10月のつどいば京都・東京
    たむらともみ (10/14)
  • 【お知らせ】9/24(土)お寺からつながるグリーフケア in北海道
    アカネ (09/20)
Profile
Admin
Seach this site


2017.11.17 Friday
【開催報告】10月29日つどいば東京

10月29日に開催したつどいば東京の報告です。

この日は台風が近い影響なのかあいにくのお天気・・・☔
今回はおひとり参加でしたので希望をきき、1日グリーフワークをして過ごしました。
雨が強くなったり、弱くなったりする音をききながら、こころのゆれを重ねていました。

 

グリーフワークとは・・・グリーフを少しずつ抱えやすくしていくこと。

完全には癒えることのない悲しみと向き合っていく力をつけていくこと。

亡くなった人とのつながりを回復するために取り組むこと。

とリヴオンでは考えています。

 

プログラムの流れは、
オープニング
〜ふわふわボールを選び、いまのこころとからだを感じて伝えあう

つどいばが大切にしていることの共有

最近の気持ちをちぎり絵にしてみる

亡き人を思いながらしてみることもできます。

コツは、ちいさめの紙を使うこと。

その時々によって、全然違う形や色を使うので、

とっておいて後にみてみると、こころの動きや変化がみえるかもしれません。


こころのお天気グリーフバージョン
〜自分、もしくは亡くしたひとを思い浮かべて、てるてる坊主をつくり、ことばをかく

おひるごはん
あったかいものを食べました(*^^*)

自分とつながる、亡くしたひととつながってみるワーク
〜ひもやリボンで自分もしくは亡くしたひとを形づくり、こころとからだを描く

できあがったもの。

ワークで生まれるものがひとりひとり違うように、

グリーフの反応はひとりひとりさまざまです。

どれもおかしなことではなく、自然なことだとお伝えしています。

クロージング
〜お香をたいて、今日の感想をシェア

 

ふたりで、ワークの力を感じた1日でした。
もやもやしてたり、悩んでいたりすると頭でっかちになりがちだけれど、

黙々と手を動かすことがケアにつながることもあるのだと感じました。

11月はお休みですが、11月22日につどいばカフェをひらく予定をしています。
詳細は、次の投稿で。

 

 

つどいば東京ファシリテーター
たむらともみ

| okaku-terumi | つどいば | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://okakuterumi.jugem.jp/trackback/149