New Entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 【開催報告】ファシリテーター養成講座第3期in名古屋
    大森 智子 (12/03)
  • 【知多】【開催レポート】グリーフサポート連続講座in知多第3講「お寺×グリーフサポート」
    庄司惠久美 (07/23)
  • 【お知らせ】10月のつどいば京都・東京
    たむらともみ (10/14)
  • 【お知らせ】9/24(土)お寺からつながるグリーフケア in北海道
    アカネ (09/20)
Profile
Admin
Seach this site


2016.10.08 Saturday
【開催報告】東京第1講「失うこと」について学ぶ。
10月8日に東京都荒川区にて、グリーフケアの学びあいの場
『いのちの学校』東京3期が開講されました。

これまで、石巻・京都・東京・名古屋(開催中)で開催されてきたいのちの学校は、
グリーフについて学び・表現し・分かち合いを通して学びあうことを大切にした、
ワークショップ形式の連続講座です。

会場は、荒川区町屋駅から徒歩7分ほどにありますリヴオンの事務所「ohana」でした。

“ohana”は、ハワイ語で「家族」という意味です。
ただしその意味は、血縁関係のない方も含み、世代を超えて続いていく広い意味での「家族」に相当する言葉です。
私たちは死別を経験した人たちに、血縁を越えた「家族(ohana)」のようなつながりを届けたいと思っております。

講座の内容と、ご参加者のアンケートより感想の一部をご紹介します。

第1講のテーマは「失うこと」について学ぶ。
10名の方にご参加いただきました。
ファシリテーターはリヴオン理事の水口陽子が担当させていただきました。


● オープニング

はじめに、日常の空間からこの場に入っていくための問いに答えながらチェックインをしていきます。
オープニングでの問いは「好きな食べ物」。
1つの輪になり、好きな食べ物の話をしながら、簡単な自己紹介を行いました。


この蛙のぬいぐるみはトーキングツールです。これを手にした人が話をします。


● グリーフとは

グリーフとは・・?グリーフの定義について。
大切な人やものをうしなうと悲しい、という反応は想像しやすいですが、時に怒りや安堵を感じるときもある。
心だけではなく、身体や、社会的・スピリチュアル的に影響があることなど、基礎知識を学んでいきました。

● 物語に触れる

グリーフの個別性やプロセスについて感じるために、リヴオンが『母の日プロジェクト』で、
毎年発行している書籍に届いた手紙の朗読。

● グリーフワーク

自分のグリーフを表現する時間。
画用紙に、色鉛筆やクレヨンで『落ち着いて、なくしたこと、なくした人に想いを向けられる場所』
を描いていきました。
具体的な場所や抽象的な風景など・・、それぞれ様々な表現がありました。




● クロージング

このいのちの学校の場から、日常へと帰っていくためのチェックアウトの時間。
クロージングでの問いは「これからの一ヶ月で楽しみなこと」。
全員でひとつの輪になって、これからの1ヶ月と第1講の感想について共有しました。


〜参加された方の感想〜
・揺らぐ気持ちを持つ自分を、そのまま受け止めて過ごしていきたいと思った。
 こういう場があることが、自分にとってはとても大切と改めて思う。

・他の人の話を聴くことも有意義な時間だった。

・自分の抱えている悲しみ苦しみを表出する場があるとこうことは
 前向いて歩いていけるための大きな力になるのだと思いました。

・このような場をお借りして、自然に泣けて良かったです。



次回のいのちの学校東京は10月29日に開催されます。


☆★ いのちの学校in東京 ★☆

日時: 土曜日 17:00〜19:30

2016年
◆10/29 イロイロな感情
 11/26 トラウマについて学ぶ
ぁ12/10 身体とつながるヨガ
2017年
ァ1/7  自分をしらない自分をしる
Α1/28 自分自身を大切にする
А2/25 亡くなった人を想う
─3/25 アートを通じて表現する
 4/22 「思い出の場所」詩
 5/13 お坊さんと「死」について学ぶ
 6/17 日常で出来るグリーフワーク
 7/15 未来ビジョン
 
会場: リヴオンオフィス Ohana
東京メトロ千代田線・京成線町屋駅より徒歩7分
詳しい行き方はコチラをご覧ください。

対象:グリーフについて学びたい方ならどなたでも

参加費: 各回2000円 
※経済的にしんどい方はご相談ください。

参加方法: 事前申込は必要ありません。当日会場に直接いらしてください。
また、途中からの参加や一回のみの参加も歓迎いたします。

学んだことがある人も、ない人も
誰かを亡くしたことがある人も、まだない人も
どんな方でもいらしていただけます。
みなさまのご参加をお待ちしております。

☆★名古屋も毎月<開催中>です。★☆

(事務局:但馬香里)
| okaku-terumi | いのちの学校 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://okakuterumi.jugem.jp/trackback/96